三島食品の“もぐり”寿司

〜今夜は夫婦で、三島の“もぐり”寿司〜
炊き立てご飯2合分、10種類の具が入った簡単にできる伝承郷土料理 

「もぐり」といえば、広島駅の駅弁でも有名な「もぐり寿司」。
広島の郷土料理のひとつで、アナゴ、人参、山菜などの具が酢飯に入っており、上にエビと錦糸卵がのったバラ寿司です。
具が中に「潜(もぐ)っている」からだとか、「まぶして=もぶる」から「もぐり寿司」とよばれる…と諸説あるようです。

バラ寿司をつくるには、数種類の具を炊いたり、アナゴを焼いたり、上にのせる具も用意したり、と結構手間がかかるのですが、(具が少ないと味にコクがでませんしね〜)この三島食品の「もぐり」を使えば、と〜っても簡単!!

炊き立てご飯に混ぜるだけなんです。具だって10種類入っています(豪華〜)。

夢ぷらざ・三島食品「もぐり」具が10種類
※炊き立てご飯に混ぜるのがポイント(カメラくもっちゃいました)


広島特有の焼きアナゴや高野豆腐、お祝いの席でいただく黒大豆も!
レンコンやたけのこは、サクサクの食感を残し、黒豆も少し硬めで酢がよくしみています。

シンプルに、錦糸玉子と大葉だけをのせてみました。

夢ぷらざ・三島食品「もぐり」簡単もぐり寿司
※つやつや黒前大豆、彩のアクセントにもなってキレイです。

酢飯は、ほんのり甘めです。
「酢がきいたお寿司がお好み」という人は、“もぐり”と一緒に、市販のすし酢を足してもOKです。ご飯が熱い時でないと、味がご飯になじみにくいので炊き立てご飯と混ぜましょう!

家族2.3人向けの、簡単混ぜご飯の素。
少人数の場合は、こういう「○○の素」ってとっても便利ですよね。
バラ寿しって、各家庭でいろいろな具がはいります。
「もぐり」をいただきながら、お母さんが作ってくれたバラ寿司の話しなどしてみませんか♪


↓↓↓ 三島の「もぐり」 食べてみたい人はこちら ↓↓↓
夢ぷらざネットショップでお買いもの


関連する記事

いままでの掘り下げ商品

商品カテゴリー

profile

ひろしま夢ぷらざ

夢ぷらざTOP

facebookもチェック!

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM