特産品センターかめりあ 広島せらテンペ

  〜 テンペは大豆とテンペ菌から作った新発酵食品です! 
 
広島県世羅郡世羅町産の大豆でつくられた「テンペ」。そもそもテンペって?
パッケージに入ったしおりによると、テンペはインドネシアでよく食べられている食品だそうです。
見た目は「納豆」っぽいのですが、あの独特の匂いはしません。糸もひきません。
せらテンペ生
生でも、煮ても焼いても揚げてもOKと!なんでもOKです(笑)
お肉の代用にも使えるとのことなので、お肉っぽく使ってみます!(誰に宣言?)
解凍して調理するレシピがいくつか紹介されていますが、
今回は天ぷら粉と和えて、揚げ焼きにしてみました。
天ぷら粉は、テンペをまとまる感じの量を入れます。
軽く塩こしょうをして下味をつけます。
せらテンペ天ぷら粉
スプーンですくいながら少し多めのサラダ油で揚げ焼きにします。
片面を焼いたらひっくり返してフタをして、もう片面を焼きます。
(中まで火が早く通ります。)
せらテンペつくね風
両面がカリッと焼きあがったら、いったん出します。
そのままフライパンでアスパラと赤パプリカを入れ軽く炒めます。

テンペを戻し、てんつゆ(大さじ2)と砂糖(大さじ1)で作った合わせだれを
回し入れ、仕上げにしょうゆを小さじ1入れて照り焼きにします。
せらテンペ照り焼き
 
中はふんわり、モチモチした食感です。
クセがないのでいろんな料理に使えそう!だしを多めに作ったら丼の具にもいいですよ。
↓↓↓ 広島せらテンペをとことん楽しみたい人は ↓↓↓
夢ぷらざネットショップでお買いもの

株式会社 神石高原 ふくろうの里「生姜シロップ」

   〜 生姜、氷砂糖、レモン果汁だけで作ったシロップ 〜
 
免疫力の強化や抗酸化作用、整腸の効果があると言われている生姜。
特に数年前から女性の冷え症の改善にオススメ!ということで注目され、
生姜スープや生姜紅茶などのレシピもたくさん紹介されていますね(^^)

といっても、乾燥生姜を作ったり、生姜を摩りおろすのはチョッピリ大変です。

そんな時に重宝するのがこの「生姜シロップ」!!
新生姜を氷砂糖だけで煮出し、国産レモン果汁を加えました。
生姜の風味を壊さないために、常温で瓶詰した後に熱処理を行うなど、
材料だけでなく工法にもこだわり、丁寧に作った生姜シロップです。

今回は、生姜シロップを使ってフレンチトーストを作ってみました♪

フクロウの里 生姜シロップ

玉子と牛乳とシロップの液にパンを浸す…と思うでしょ!
せっかく香りにこだわって作られたシロップなので、後がけにするんですよ!

玉子1個、牛乳50ml、あま酒大さじ1、バター大さじ1、
グラニュー糖小さじ1/2、生姜シロップ大さじ1、フランスパン2切れ

1.玉子と牛乳をよく混ぜ、フランスパンを浸す
2.フライパンを弱火にしバターを入れ溶けたら、浸したパンを入れ中火で焼く
3.グラニュー糖を軽くふりかけ、焦げ目をつける
4.両面がこんがり焼けたら出来上がり!

フクロウの里 生姜シロップレシピ
↑ クリックすると大きな画像に…お腹がすいている時は要注意!

出来上がったフレンチトーストにたっぷり生姜シロップをかけます。
レモン果汁が入っているからか、香りもバッチリ☆
ピリピリとした生姜独特の辛みはなく、優しい甘さです♪

しっとりした食感を楽しみたいなら、パンの耳の部分は避けて(^^)

<オマケレシピ>
甘酒と牛乳を混ぜたものに生姜シロップを〜
この冬定番のホットドリンクになっちゃうかも(^^b

生姜シロップミルク
お腹に優しい体がポカポカになるホットドリンクです♪


↓↓ ふくろうの里 生姜シロップ ↓↓
夢ぷらざネットショップでお買いもの


上万糧食製粉所 米粉フレーク

〜無添加 小麦粉不使用 原材料国産米100%使用〜
米粉を食べて、コメの消費量アップ=食料自給率アップさせましょう
 

米粒で作るパン焼き機「GOPAN(ゴパン)」が受注待ちだったり、 
米粉専用のお菓子のレシピ本が人気になったりと、いま何かと注目されている米粉。

 国も日本の食料自給率アップのため『FOOD ACTION NIPPON』をたちあげ、
 その取り組みのひとつとして、米粉を使って食料自給率をアップさせる 
『米粉倶楽部』で米粉を使ったレシピや米粉の商品を紹介しています。

 “だんごの粉”や“きな粉”で有名な、上万糧食製粉所も 
『FOOD ACTION NIPPON』の『米粉倶楽部』の会員で、
 国産米を100%使用して作った『米粉フレーク』にその証が印刷されています!
 米粉倶楽部 food action nippon 

さて、この商品。
フレークといっても、シリアルのような感じではなく、見た目はパン粉。 
パッケージにも、“パン粉と同様の使用方法で〜”と記してあります。

しかし、パン粉よりかなり白い。香りは、まさにお米。 
ということで、まずはフライにしてみました。
玉ねぎのフライとちょうど今が旬の栗入りコロッケの2品。

米粉玉ねぎのフライ

米粉コロッケ
普通のパン粉と違って、すぐキツネ色になりません。 
揚げたてはサクサクしていますが、パン粉に比べ、モチッとした食感があり、
トンカツなどより、野菜のフライに適していると思いました。 
また、ハンバーグのつなぎで使うと、このモチモチ感がさらにいかせると思います! 

さらに注目は、このフレークをお湯で溶いて簡単おかゆができること。 
このとろみを利用してポタージュスープ仕立てにしてみました。 

米粉ポタージュスープ

要は、野菜のコンソメにとろみがつくぐらいに米粉フレークを入れて、 
仕上げに牛乳を100CCぐらい入れて出来上がり。
とろみも調節できて簡単です!! 

上万糧食製粉所のお客様相談室の担当者によると、離乳食にも使えるとのこと! 
ただし、製造ラインが他の穀物ときっちり分かれている訳ではないので、
アレルギー専用の離乳食というわけではないそうです。その点はご注意を! 

米粉の食感や特性をうまく使って、料理のレパートリーを増やしてみては?

ウエマン 米粉フレークが気になる人はこちら↓↓↓
夢ぷらざネットショップでお買いもの



1

いままでの掘り下げ商品

商品カテゴリー

profile

ひろしま夢ぷらざ

夢ぷらざTOP

facebookもチェック!

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM